あたらしい生活様式

あたらしい生活様式 · 22日 11月 2020
二十四節気では「小雪」いよいよ雪が降ります。虹蔵不見(にじかくれてみえず)11月22日頃。陽の光も弱まり虹を見かけなくなるころ。そういえば、虹って太陽の光が強い時しか見えないんですね。
あたらしい生活様式 · 17日 11月 2020
金盞香(きんせんかさく)11月17日頃。水仙が咲いて芳香を放つ頃。「金盞」は金の杯のことで、水仙の黄色い冠を見立てています。素敵な冠です。
あたらしい生活様式 · 12日 11月 2020
地始凍(ちはじめてこおる)11月12日頃 大地が凍り始める頃。冬になっていくのですね。霜柱を踏んで歩くのはちょっと楽しいですね。
あたらしい生活様式 · 07日 11月 2020
いよいよ二十四節気では「立冬」です。「山茶始開」(つばきはじめてひらく)11月7日頃 山茶花(さざんか)の花が咲き始める頃。
あたらしい生活様式 · 02日 11月 2020
楓蔦黄(もみじつたきばむ)11月2日頃 楓や蔦の葉が色づくころ。晩秋の山々は赤や黄色に彩られ、紅葉狩りの季節です。
あたらしい生活様式 · 28日 10月 2020
霎時施(こさめときどきふる)10月28日頃 時々小雨が降るころ。「霎」をしぐれと読むことも。一雨ごとに気温が下がります。
あたらしい生活様式 · 23日 10月 2020
霜始降花(しもはじめてふる)10月23日頃。また、二十四節気の「霜降」に入ります。山里に霜が降り始める頃。草木や作物を枯らす霜を警戒する時期です。
あたらしい生活様式 · 18日 10月 2020
蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)戸口で秋の虫が鳴くころです。昔は「こおろぎ」を「きりぎりす」と呼びました。お家でじっくり本を読んだり、ネットで芸術鑑賞をしたりと新しい生活様式を極めるには絶好の季節ですね。年末に向けて、そろそろ評価調査にお伺いしております。調査の帰路に、地産のお野菜を購入できたり、楽しみも盛りだくさんです。
あたらしい生活様式 · 13日 10月 2020
10月13日頃から菊花開(菊の花開く)旧暦の重陽の節句の時期です。おうちの花壇にも野にも菊の花が咲き乱れます。コスモス、オナモミ、アザミそしてセイタカアワダチソウも菊の仲間ですね。黄色い花が目立ちます。セイタカアワダチソウは、悪者呼ばわりされた過去がありますが、今はお役に立つ草花だということがわかっています。
あたらしい生活様式 · 08日 10月 2020
二十四節気では「寒露」が始まります。また七十二候では鴻雁来(こうがんきたる)10月8日頃。雁が渡ってくる頃です。雁はカモより大きく、ハクチョウより小さい水鳥の総称です。ニルスの不思議な旅では、いたずらっ子のニルスがガチョウに乗って雁の群れと一緒に渡り鳥の故郷であるラップランドへ旅をします。椋鳩十の猟師のおじいさんと雁のお話も教科書に載っていました、覚えておられる方もいらっしゃるのでは。

さらに表示する